消費税に係る金額の計算

簿記の考え方簿記租税公課
《広告》

簿記検定などの資格試験では、消費税のやりとりが発生する取引の仕訳にあたって、税抜金額、税込金額、消費税額のいずれかしか与えられておらず、残りの金額を自分で計算させるという問題が出題されることがあります。

実務では、財産やサービスの提供を受けるとき(購入するとき)は売手から消費税額の記載されたレシート、領収書等を受け取りますし、財産やサービスを提供するとき(販売するとき)はレジなどで計算された消費税額を使ったりといったことが普通ですので、これらの金額を自分で計算しなければならないシチュエーションはあまりないのですが、試験では必ずしもそうではありません。

この記事では、税抜金額、税込金額および消費税額のいずれかしか与えられていない状況で、残りの金額を計算する方法を見ていきます。

消費税額の計算の基本

パーセントの意味

消費税の額は、税抜金額に一定割合(通常は10%、軽減税率対象の場合は8%)を掛けて計算されます。このため、消費税に係る金額を求めるときは、割合の計算を避けることができません。

割合を表すときは、パーセント(%)という単位が使われることが一般的です。パーセントとは、全体を100としたときに、測定対象とするものがどれだけを占めているかを表したものとなります。したがって、

  • 消費税が税抜金額の10%とは、税抜金額が100円だったら消費税は10円
  • 消費税が税抜金額の8%とは、税抜金額が100円だったら消費税は8円

ということを意味します。

税抜金額も消費税も比例的に増減する

それでは、この商品を2個、3個、……と複数個買うとしましょう。この場合の消費税額の変化を表にまとめると、次のようになります。

【消費税率10%の場合】

個数1個2個3個4個5個
消費税(10%)1020304050

【消費税率8%の場合】

個数1個2個3個4個5個
消費税(8%)816243240

どちらの場合も、購入する商品の数が2個、3個、……と増えていくにつれて、消費税の額も2倍、3倍、……と増えていくことが分かるでしょう。

消費税額の計算

この関係性を利用すれば、商品の税抜金額がいくらであっても、消費税額を正しく計算することができます。具体的には、次の2つのステップで消費税額を計算します。

  1. 消費税額を求めたい商品の税抜金額が100円の商品何個分かを求める
  2. 1.で求めた個数を商品1個あたりの消費税額(10%のときは10円、8%のときは8円)に掛ける

たとえば、ある商品の税抜金額が2,000円、消費税率が10%であったとします。この場合の消費税額は次のように求められます。

  1. 税抜金額2,000円÷1個あたりの金額100円=20個分
  2. 20個分×1個あたりの消費税額10円消費税額200円

計算式を1つにまとめて次のようにしても同じ結果を得ることができます。

  • 税抜金額2,000円÷1個あたりの金額100円×1個あたりの消費税額10円消費税額200円

したがって、問題文のなかで税抜価格と消費税率が与えられている場合は、上のように税抜価格を100で割って、10または8を掛ければ消費税額を求めることができます。パーセントの計算方法に自信がない場合や、問題を解く際にあやふやになってしまう場合は、このパーセントを使用せずに計算する方法を覚えておくとよいでしょう。

なお、掛け算と割り算は順番を入れ替えることができます。計算の結果、割り切れない端数が出てしまった場合は、割り算を最後に計算してみるとよいでしょう。簿記検定などの資格試験では、割り切れない結果になる場合には必ず端数処理方法の指示があります。端数処理方法の指示がない場合は、割り算を最後に持ってくることで対応できる場合があります。

税抜金額から消費税額・税込金額を求める

問題文に税抜金額が与えられている場合は、先に消費税額を求めてから、それらの金額を合算して税込金額を求めます。

税抜金額→消費税額 \[ 税抜金額 \div 100 \times 税率(10または8)= 税込金額\]
税抜金額・消費税額→税込金額 \[ 税抜金額 + 消費税額 = 税込金額\]

消費税額から税抜金額・税込金額を求める

消費税額だけが先に与えられていることはあまり考えにくいですが念のため。

この場合は、さきほど税抜金額から消費税額を求めたものを逆算します。すなわち、消費税額を税率(10または8)で割って税率1%あたりの金額を求め、それに100を掛けて100%分(税抜金額)を計算します。さきほどとは割り算と掛け算が逆になりますのでその点も注意してください。

税抜金額が計算できたら、さきほどと同じようにこれと消費税額を合算して税込金額を求めます。

消費税額→税抜金額 \[ 消費税額 \div 税率(10または8)\times 100 = 税抜金額\]
税抜金額・消費税額→税込金額 \[ 税抜金額 + 消費税額 = 税込金額\]

税込金額から税抜金額・消費税額を求める

問題文に税込金額が与えられている場合は、先に税抜金額を求めてから、税込金額から税抜金額を差し引いて税抜金額を求めます。

税込金額は、税抜金額に消費税額が加算された金額です。税抜金額が100円であった場合の税込金額は、税抜金額100円に消費税額10円または8円を加えた110円または108円です。次の式では、税込金額を(100+消費税率)で割っていますが、この計算を行うことにより、問題文に与えられた税込金額が1個100円の商品の税込金額(110円または108円)の何個分かが分かります。これに1個あたりの税抜き金額100円を掛ければ、問題文にある商品等の税抜金額が得られます。

消費税額は、税込金額(消費税込みの金額)から税抜金額(消費税抜きの金額)を差し引くことで計算できます。

税込金額→税抜金額 \[ 税込金額 \div (100 + 消費税率(10または8)) \times 100= 税抜金額\]
税抜金額・税込金額→消費税額 \[ 税込金額 – 税抜金額 = 消費税額\]

関連記事

消費税に係る金額が計算できたら、それらの金額を使って会計帳簿への記録を行ってみましょう。消費税に係る仕訳の方法には税抜方式と税込方式の2つがありますが、現在では、税抜方式によることが原則とされますので、まずはこちらの処理から学習を始めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました