売掛金の処理

債権債務商品売買
《広告》

売掛金とは、商品の売上げをはじめとする企業の主たる営業活動から生じた金銭債権(将来に金銭を受け取る権利)のことをいいます。金銭債権にはいろいろはものがありますが、財務諸表上、企業の主たる営業活動の状況が明確になるように、ここから生じた金銭債権の額については、他の金銭債権とは別に特別の勘定を用いて記録することになっています。

売掛金が発生したときの処理

企業が商品を売り上げるなどした結果、得意先から金銭債権(将来に金銭を受け取る権利)が発生したときは、その金額を売掛金勘定に記録します。売掛金勘定は資産の勘定なので、新たに金銭債権が発生したときの記録は借方に行われることになります。

【設例1】商品15,000円を売り上げ、代金は掛けとした。なお、この取引については、商品を引き渡すこと以外に顧客に対して約束したこと(履行義務)はない。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
売掛金15,000売上15,000

なお、代金を支払ってもらうまでの間に、企業(売手側)が相手(買手側)のために何かをしなければならない(相手から代金を支払ってもらうためには、他にもやらなければならないことがある)場合は、売掛金勘定を使用することができません。このような場合は、売掛金勘定に代えて、契約資産勘定にその金額を記録します。

売掛金を回収したときの処理

その後、約束された金額が取引先から支払われた場合は、商品を売り上げたときに売掛金勘定に記録した金額を減らすための処理を行います。売掛金勘定は資産の勘定ですから、その金額は貸方に記録します。

なお、売掛金勘定から減らす金額は、相手が支払われなくなった(自分から請求することができなくなった)金額であり、自分が実際に受け取った金額ではありません。

たとえば、代金を銀行振込で支払ってもらう場合で、手数料を自分(売手側)が負担することになっているとしましょう。このとき、自分が受け取る金額は、もともとの商品の売上代金ではなく、ここから振込手数料が差し引かれた残額です。しかし、手数料の負担ははじめから約束されていたのですから、この金額をいまさら相手に請求することはできません。このようなケースにおいて、売掛金勘定の貸方に記録すべき金額は、実際に受け取った金額(手数料控除後の金額)ではなく、手数料が支払われる前の金額となります。

【設例2】得意先から売掛金15,000円について支払いを受け、普通預金口座に振込手数料300円が差し引かれた残額14,700円が入金された。なお、振込手数料は当社が負担することになっている。

借方科目借方金額貸方科目貸方金額
普通預金14,700売掛金15,000
支払手数料300  

コメント

タイトルとURLをコピーしました