海老原諭ウェブサイト

貸倒れが生じたときの処理

最終更新日:2024年06月15日

売掛金や貸付金のような金銭債権(将来に金銭を受け取る権利)については、通常、将来に支払いを受けることができるものとして、簿記上、資産として処理されていますが、相手方の経営不振、倒産等によってその予定が崩れ、支払いを受けられなくなってしまうことがあります(自ら金銭を受け取る権利を放棄することもあります)。このような場合は、資産として記録していた金額を消去するとともに、その金額を損失として処理しなければなりません。

貸倒れが生じたときの処理(基本)

金銭債権が貸し倒れたときは、その金額を売掛金勘定、貸付金勘定などの金銭債権の額が記録されている勘定から消去するとともに、その金額を貸倒損失勘定に計上します。貸倒損失勘定は、金銭債権の額を減らしたことにともなう純資産の減少額が記録される費用の勘定です(簿記では、期間損益計算を行うにあたって、収益(売上等)の発生との因果関係が認められないものを「損失」とよぶことになっています)。

【設例1】商品2,000,000円を売り上げ、代金は掛けとした。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
売掛金 2,000,000 売上 2,000,000

【設例2】売掛金2,000,000円が全額貸し倒れた。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
貸倒損失 2,000,000 売掛金 2,000,000

この一連の取引では、商品を売り上げたときに計上した収益の勘定(売上)に記録を行っていますが、その後、貸倒れとなったタイミングでその金額が費用の勘定(貸倒損失)に計上されることになります。企業の利益の額は、収益の額から費用の額を差し引くことで計算されますから、貸倒損失を計上することで、結果的に、商品を売り上げたときに行った収益の勘定への記録が取り消される結果となります。

貸倒引当金の残高があった場合の処理

前期以前に発生した金銭債権が貸し倒れたとき

前期以前に発生した金銭債権が貸倒れた場合で、貸倒引当金の残高があるときは、貸し倒れた金銭細管の全額を貸倒損失とするのではなく、貸倒引当金の残高だけ、貸倒損失の額を減らします。貸倒引当金を設定するときに、その金額に相当する費用が計上されているため、その金額まで含めて貸倒損失としてしまうと、1つの金銭債権について二重に損失を計上してしまう結果になってしまうからです。

このとき、貸倒損失としなかった金額については、貸倒引当金勘定を取り崩します。貸倒引当金の額は貸方に記録されていますから、取り崩した金額は借方に記録することになります。

【設例1】売掛金2,000,000円が貸し倒れた。なお、この金銭債権は前期に発生したものである。また、貸倒引当金の残高はなかった。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
貸倒損失 2,000,000 売掛金 2,000,000

【設例2】売掛金2,000,000円が貸し倒れた。なお、この金銭債権は前期に発生したものである。また、貸倒引当金の残高は500,000円であった。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
貸倒引当金 500,000 売掛金 2,000,000
貸倒損失 1,500,000

【設例3】売掛金2,000,000円が貸し倒れた。なお、この金銭債権は前期に発生したものである。また、貸倒引当金の残高は5,000,000円であった。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
貸倒引当金 2,000,000 売掛金 2,000,000

貸し倒れた金額よりも貸倒引当金の残高の方が多かった場合、貸倒引当金勘定から取り崩す金額は貸倒れとなった金銭債権の額までです。残りの金額(5,000,000円-2,000,000円=3,000,000円)は、次に貸倒れが生じたときのためにそのままとっておきます。

当期中に発生した金銭債権が貸し倒れたとき

貸倒引当金の残高がある場合であっても、当期中に発生した金銭債権が貸し倒れた場合は、その全額が貸倒損失となります。貸倒引当金は、期末に保有する金銭債権について決算時に設定されるものであるため、当期中に発生した金銭債権については当期の決算がくるまで貸倒引当金が設定されていません。したがって、たとえ貸倒引当金勘定に残高があったとしても、その金額は、前期以前に発生していた金銭債権に対するものですので、当期中に発生した金銭債権の貸倒れにおいて使用することはできません。

【設例】売掛金2,000,000円が貸し倒れた。なお、この金銭債権は当期中に発生したものである。また、貸倒引当金の残高は5,000,000円であった。

借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額
貸倒損失 2,000,000 売掛金 2,000,000

関連記事

現在発売中の書籍(画像は紀伊国屋書店の販売サイトにリンクしています)