海老原諭ウェブサイト

現金過不足が生じた原因が期末まで判明しなかったときの処理

最終更新日:2024年06月15日

現金の帳簿残高が実際有高と一致しない場合、企業はただちにその原因を調査しますが、調査しても結果が分からないこともあります。このような場合は、会計期間が終わったタイミングで現金過不足勘定の残高をその会計期間の利益または損失として処理します。すなわち、現金が増減した理由が分からないまま、次の会計期間に記録を引き継がないということです。

しかし、これは調査を打ち切らなければならないという意味ではありません。とりわけその金額が大きい場合や、金額が増加傾向にある場合などにおいては、次の会計期間に入っても調査を継続し、その原因を追究することが大事になります。この記事で紹介するのはあくまでも簿記上の処理であり、「調査を行う」という簿記外で行う企業の行動まで制限するものではありません。

現金過不足勘定の帳簿残高の意味

決算にあたっては、現金過不足勘定の残高金額を当期の利益または損失として処理します。現金過不足勘定の残高金額を利益として処理するか、損失として処理するかは、現金過不足勘定の残高金額が借方残高であるか、貸方残高であるかによって、次のように決まります。

現金過不足勘定が借方残高
 → 残高金額を損失として処理(雑損勘定に振替え)

現金過不足勘定が貸方残高
 → 残高金額を利益として処理(雑益勘定に振替え)

なぜこのようになるかは、現金の帳簿残高を修正したときに現金過不足勘定への記録が行われる側を考えると分かります(参考:現金過不足が生じていることを確認したときの処理)。なお、会社を設立せずに事業を行っている場合、雑損勘定は雑損失勘定、雑役勘定は雑収入勘定に振り替えます。

雑損勘定、雑益勘定への振替え

現金過不足勘定が借方残高であった場合、その残高金額を雑損勘定の借方に振り替えます。このとき、振り替えた金額と同じ金額を現金過不足勘定の貸方に記録します。このようにすることで、現金過不足勘定の残高金額はゼロとなります。

決算にあたり、現金過不足勘定の借方残高2,000円を雑損勘定に振り替える。

借方残高 借方金額 貸方残高 貸方金額
雑損 2,000 現金過不足 2,000

一方、現金過不足勘定が貸方残高であった場合、その残高金額を雑益勘定の借方に振り替えます。このとき、振り替えた金額と同じ金額を現金過不足勘定の借方に記録します。このようにすることで、現金過不足勘定の残高金額はゼロとなります。

決算にあたり、現金過不足勘定の貸方残高5,000円を雑益勘定に振り替える。

借方残高 借方金額 貸方残高 貸方金額
現金過不足 5,000 雑益 5,000

関連記事

現在発売中の書籍(画像は紀伊国屋書店の販売サイトにリンクしています)