海老原諭ウェブサイト

商品有高帳

商品有高帳とは、企業における商品の出入りの状況を商品ごとに整理して記録できるようにした会計帳簿であり、補助簿として使用されます。

商品有高帳への記録は、すべて商品の取得原価によって行われます。このため、商品有高帳は、商品を売り上げたときに、引き渡した商品にどれだけの取得原価をつけるかを計算したり(払出単価の計算)、決算にあたって売上原価を計算するときに期末商品棚卸高をいくらで評価するかを決定したりと、商品の原価に関する情報を得たいときに使用されます。

商品有高帳への記録の方法は、商品の払出単価の計算方法によって変わります。払出単価の計算方法のなかには、会計期間中、商品の払出単価を随時把握することができないものもあるため、売上原価対立法分記法のように、商品を売り上げたときに随時売上原価勘定への記録を行う仕訳方法を選択している場合は注意が必要です。

現在発売中の書籍(画像は紀伊国屋書店の販売サイトにリンクしています)